単式・水位調整機能付複式・伊勢式・F号ボールタップ(定水位弁)の製造販売。設計事務所・ゼネコン・集合住宅・大規模住宅向けに図面のダウンロードも可能。
(株)アイエス工業所 HOME環境方針・品質方針会社紹介商品紹介お問い合わせ・資料請求プライバシーポリシー
F号ボールタップ (フランジ式ストレート型) FSV 65・80100
衛生的で取付簡単なF号ボールタップ フランジ式ストレート型 FSVシリーズ!



図面ダウンロードするには、
パスワードが必要です。
ユーザ登録していただくと、パスワードを
メールにて発行いたします。


ユーザ登録フォームへ

図面ダウンロードページヘ



作動安定性・操作性がさらに向上
流量調整機能の採用と、バキュームブレーカを本体に組み込みウォータハンマを解消したことにより作動安定性・操作性がさらに向上しました。
優れた耐久性
ステンレス(SCS13)製のシート部を組み込み、さらに耐久性が向上しました。
異物混入に強い
ステンレス(SUS304)製ストレーナを内蔵しており、異物の混入などによる故障を防止します。
あらゆる配管・給水状況に対応
排水コック取付口を設けておりますので、あらゆる配管・給水状況に対応できます。


日本水道協会認証品
本体材質
FCD450
本体塗装
エポキシ樹脂粉体塗装
適用圧力
0.05〜0.75MPa
適用流体
上水道水
使用温度
常温
取付規格
フランジ式JIS 10K規格
標準作動水量 (L/min)
呼び径 65mm 80mm 100mm
水量 280 400 700

工事用仮設メータや定流量弁の設置等で、F号ボールタップ全開時の流量が、上表の標準作動水量を下回るとF号ボールタップが正常に作動しない事があります。
その場合は、流量調整スピンドルによる調整が必要です。
製品質量(主弁)
呼び径 65 80 100
質量(KG) 19.0 25.0 38.0



(単位:mm)
型番\記号 L L1 H1 H2 φS
FSV 65 220 110 92 188 170
FSV 80 240 124 109 212 180
FSV 100 290 140 120 239 220






No. 部品名 材質(記号)
本体 FCD450
カバー CAC902
カバー用Oリング NBR
*カバー締付ボルト SUS304
E型止め輪 SUS304
保護キャップ PVC
シート SCS13
シリンダー CAC902
ピストン CAC902
シートパッキン NBR
ガイド CAC902
ワン型パッキン 皮革又は布入り合成ゴム
リング押え CAC902
リング CAC902
調節ビスNo.1 CAC903C
*調節ビスNo.2 CAC903C
流量調節スピンドル 鉛レス黄銅棒
No. 部品名 材質(記号)
ロックナット SUS304
スピンドル用Oリング NBR
調節ビス用ストレーナ SUS304
調節ビス用ストレーナ押え 鉛レス黄銅棒
排水カバー FCD450
排水カバー用Oリング NBR
排水カバー締付ボルト SUS304
ストレーナ SUS304
ばね座金 SUS304
ストレーナ締付ナット SUS304
プラグ SUS304
ストレーナ固定金具 CAC903C
ピストン把手 SUS304
六角ナット SUS304
バキュームブレーカ CAC902 SUS304/PP
*スピンドルガイド CAC903C
*スピンドルガイド用Oリング NBR
※4. カバー締付ボルト:FSV 100は6本です。
※16. 調節ビスNo.2:FSV 100はリング押えに付いてます。
※33. スピンドルガイド:FSV 100のみの仕様です。
※34. スピンドルガイド用Oリング:FSV 100のみの仕様です。




F号ボールタップはフラッシュバルブの原理を応用した給水器具(定水位弁)で、
主弁とパイロットバルブによって構成されています。

F号ボールタップは原則として、
次のように配管してください。

主弁は給水管途中の任意の位置(受水槽の外)の保守・点検しやすい位置に設置し、受水槽内にはパイロットバルブを取り付けてください。また、故障の早期発見のために、満・減水警報装置を取り付け、管理室などに警報表示(ランプ・ベル等)するよう考慮してください。

F号ボールタップ(呼び径65mm以上)は、質量の大きな製品です。配管の支持、固定は確実に行なってください。
当製品は、1次側と2次側およびパイロット配管の3種類の流れ方向があります。それぞれ正しい方向に取り付けてください。
主弁には、ワン型パッキンなど消耗部品を使用しており、定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンスは内部ピストンを取り出して行うため、作業が容易にできるよう、フランジまたはユニオンを取り付けてください。
主弁の2次側に立ち上がり管を設ける場合、メンテナンス時に水が逆流することを防ぐため、排水用バルブを取り付けることをお勧めいたします。
受水槽の水位は、パイロットバルブ(以下、PV)の取り付け位置により定まります。よって、受水槽の容量、所要水量、給水量を考慮して設置してください。
電磁弁とPVを併用する場合は、バイパス配管とし、直動式通電開型の電磁弁をご使用ください。
吐水口空間は吐水口端から越流面までの垂直距離になります。
※呼び径13mmの場合は、吐水口空間を25mm以上確保してください。
その他の寸法については呼び径に定められた寸法を確保してください。

ストレート型
水が出るとき
水位の降下にともなってパイロットバルブが開くと、BよりもAの圧力が下がり、ピストン部が押しあげられ、Cを通って給水されます。
水が止まるとき
水位が上昇し、パイロットバルブが閉止されると、Aの圧力が大きくなり、ピストン部が徐々に降下し、止水されます。

HOME環境方針・品質方針会社紹介商品紹介お問い合わせ・資料請求プライバシーポリシー
  E-mail : info@is-jp.com