単式・水位調整機能付複式・伊勢式・F号ボールタップ(定水位弁)の製造販売。設計事務所・ゼネコン・集合住宅・大規模住宅向けに図面のダウンロードも可能。
(株)アイエス工業所 HOME環境方針・品質方針会社紹介商品紹介お問い合わせ・資料請求プライバシーポリシー
伊勢式ボールタップ (フランジ式) WWX/J 65-300
F号ボールタップが適さない低水圧・小型水槽にお勧めの伊勢式ボールタップ!



図面ダウンロードするには、
パスワードが必要です。
ユーザ登録していただくと、パスワードを
メールにて発行いたします。


ユーザ登録フォームへ

図面ダウンロードページヘ


小さなボール
特殊な構造でボールが小さくてもスムーズに作動。
小型水槽に
全長が短いので、小型の水槽にも取付が可能。
低水圧に強い
F号ボールタップが適さない低水圧の所に、おすすめします。

※必ず満・減水警報装置と点検のしやすいところにストレーナを取付けてください。
(故障の原因は砂・砂利などの異物によるものが大半です)

適用圧力
0〜0.3MPa
適用流体
上水道水
使用温度
常温
(耐熱用:最高使用温度100℃)
取付規格
フランジ式
 WWX:JIS10K 規格
 WWJ:JWWA 規格



65・75・100mm
No. 部品名 材質(記号) 備考
本 体 CAC902
フランジ FC200/FCD450 粉体塗装
スピンドル CAC902
上 弁 CAC902
上弁パッキン NBR 耐熱用はシリコンゴム
下 弁 CAC902
下弁パッキン NBR 耐熱用はシリコンゴム
ガイド CAC902
支 柱 SUS304
浮 玉 ポリエチレン 他にC1220P、SUS304
耐熱用は、SUS304
(単位:mm)
型番\記号 L1 L2 H1 H2 H3 A B
WWX 65 540 130 280 333 107 110 Φ153
WWX/J 75 705 155 365 426 135 140 Φ180
WWX/J 100 800 174 460 536 158 220 Φ180
※H1、H2は静水圧0.3MPa時の数値です。
※Bはポリ浮玉の寸法です。


125・150mm
No. 部品名 材質(記号) 備考
本 体 CAC902
スピンドル CAC902
上弁パッキン NBR
下弁パッキン NBR
支 柱 SUS304
浮 玉 SUS304
※フランジは本体一体型になります。
※上弁・下弁等主要部品はCAC902になります。
(単位:mm)
型番\記号 L1 L2 H1 H2 H3 A B1 B2
WWX/J 125 910 200 560 648 196.5 245 Φ250 260
WWX/J 150 1160 250 720 822 241 340 Φ300 344
※H1、H2は静水圧0.3MPa時の数値です。


200・300mm
No. 部品名 材質(記号) 備考
本 体 FC200 粉体塗装
スピンドル FC200 粉体塗装
上 弁 FC200 粉体塗装
上弁パッキン NBR
上シート CAC902
下 弁 FC200 粉体塗装
下弁パッキン NBR
下シート CAC902
支 柱 SUS304
浮 玉 SUS304
※フランジは本体一体型になります。
(単位:mm)
型番\記号 L1 L2 H1 H2 H3 A B1 B2
WWX/J 200 1340 345 945 1098 330 440 Φ350 390
WWX/J 300 1900 430 1350 1554 430 700 Φ400 400
※H1、H2は静水圧0.3MPa時の数値です。



●配管はしっかり固定してください。
●取り付け前に配管を十分にブローして、内部の異物を洗い流してください。
●取り付けはメンテナンスのしやすいようマンホールに近い場所を選んでください。
●取り付け位置は、所要水量や給水量の他、越流面及び満水警報位を考慮のうえ設定してください。
●本体頭頂部と受水槽天板部との距離(右図中A)を20p以上確保してください。
 ※伊勢式ボールタップは上弁からも給水しますので、浮玉と連動して上弁が上下に開閉します。
   そのため、右図中Aのクリアランスが必要です。
   これが不十分な場合、弁が全開せず必要な給水量が得られないことがありますので注意してください。
● 支柱の取り付け位置(右図中B)によって、
止水位位置の微調整が可能です。
●点検のしやすい場所にストレーナを取り付けてください。
●満・減水警報装置を必ず設置して管理してください。

水が出るとき
水位の降下に伴い、ボールが下がると、組み合わせたレバーが作用して上弁、下弁が押し上げられ給水されます。。
水が止まるとき
水位が上昇すると、ボールが上がり、組み合わせたレバーの作用により上弁、下弁が引き下げられ止水します。
この時、上弁、下弁のバランスがとれているので給水圧に関係なくわずかな浮力で止水状態が保たれます。

HOME環境方針・品質方針会社紹介商品紹介お問い合わせ・資料請求プライバシーポリシー
  E-mail : info@is-jp.com