社長挨拶

「人と水と環境の調和を創造する」ことを使命として、より便利に、より安全に、そして省資源と、時代の持つ環境の要請にあわせて、事業を展開して参りました。
大正8年創業時に開発した日本初のフラッシュバルブ、伊勢式ボールタップに始まり、昭和17年には初代のF号ボールタップ(定水位弁)を開発し、戦後は各種複式ボールタップ、F号ボールタップ(定水位弁)などの給水制御機器を展開しております。
また、平成17年4月には、お客様のご依頼により、デジタル技術を用いたセンサ式水位制御システム(JWS)、及びセンサ式水位制御システムと緊急遮断システムの機能を搭載したハイブリッド版(JWS-EQ)を開発いたしました。
これからの展開として、機械系とIT系を融合させ、監視、制御、計測、診断、予知をキーワードにして、世の進化に合わせた、「人と水と環境の調和」を図ることのできる、製品、及びシステムを展開して参ります。
世のため、お客様のため、お役に立てる会社であり続けるため、一人一人の人間力を高めてまいります。
皆様、今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
代表取締役社長  福 山 信 也   

 

企業概要

商 号 株式会社 アイエス工業所
 
所在地 本社・工場
〒536-0013
大阪市城東区鴫野東3丁目5番13号 
TEL 06-6961-2488
FAX 06-6961-7326
URL https://www.is-jp.com
E-mail info@is-jp.com

東京営業所
〒105-0013
東京都港区浜松町1丁目2-2
スカイコート浜松町壱番館603号室
TEL 03-3432-2177
 
設立年月日 昭和23年6月10日
 
資本金 20,000,000円
 
工場資格 ISO9001 (2015)品質マネジメントシステム審査登録
登録番号 JSAQ 1046
ISO14001 (2015)環境マネジメントシステム審査登録
登録番号 JSAE 787

【適用範囲】
(1) 水道設備用給水機器
(ボールタップ、定水位弁及びその付属部品)の設計・開発及び製造 
(2) 水道設備用給水機器
(ボールタップ、定水位弁及びその付属部品)の出張修理、取替工事、メンテナンス及び技術相談・講習
(3) 給排水衛生設備に関わる遠隔制御・監視システムの設計・開発、製造
(4) 給排水衛生設備に関わる遠隔制御・監視システムの出張修理、メンテナンス及び技術相談・講習


経営理念
「新価値の創造に挑戦する」
「誠意と責任で確かな信頼を築く」
「互いを尊重しゆとりある生活をめざす」

 

沿革


平成29年12月
ISO9001:2015品質マネジメントシステムへの移行を完了する。 ISO14001:2015環境マネジメントシステムへの移行を完了する。
平成26年11月
平成25年度中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業に係る補助金の認定を受ける。 (受付番号 2527213231) 
平成25年8月
平成24年度ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金の認定を受ける (受付番号 27212741)  
平成24年6月
大阪府より経営革新支援法の認定を受ける。 (大阪府指令経支第1109-19号)
平成21年11月
ISO9001:2008品質マネジメントシステムへの移行を完了する。
平成19年2月
ISO9001:2000及びISO14001 2004に遠隔制御・監視システムの登録を完了する。
平成18年2月
ISO 14001:2004 環境マネジメントシステムへの移行を完了する。
平成17年4月
遠隔制御・監視システムの事業実績30年を誇る、株式会社ベニアック・ネット社と技術提携を行い、設備機器及びバルブ類の遠隔制御・監視システム製造・販売事業を開始する。
平成17年1月
大阪府より経営革新支援法の認定を受ける。 (大阪府指令経支第1100-178号)
平成16年6月
東京営業所を開設する。
平成16年2月
ISO 14001:1996 環境マネジメントシステムの審査登録を完了する。
平成14年10月
ISO 9001:2000 品質マネジメントシステムへの移行を完了する。
平成14年5月
大阪府より中小企業創造活動促進法の認定を受ける。 (大阪府指令商振第1547-3号)
平成13年2月
ISO 9001:1994 品質マネジメントシステムの審査登録を完了する。
平成13年1月
大阪府より中小企業創造活動促進法の認定を受ける。 (大阪府指令商振第1128-7号)
平成11年5月
大阪府より中小企業創造活動促進法の認定を受ける。 (大阪府指令工第165-12号) 龍谷大学REC内に研究室を設置する。
平成9年10月
日本水道協会品質認証センターの認証を受ける。
平成8年7月
日本工業規格認定工場第596019号を取得する。
昭和60年4月
本社を現在地に移転する。
昭和54年7月
日本水道協会検査工場第Q-61号を取得し、商品の型式承認を得る。
昭和51年10月
工事部を分離し,ボールタップ製造に専念する。
昭和46年11月
本社を大阪市浪速区恵比須西2丁目1番19号に移転する。
昭和23年6月
法人組織に改め「株式会社アイエス工業所」を大阪市浪速区河原町に設立し、主として 各種ボールタップの製造販売を行なうと共に給排水衛生設備工事部を設け水道工事業界にも進出する。
昭和20年
工場及び営業所が戦災で焼失したので終戦後、大阪市城東区鴫野東3丁目5番13号において同事業を継続する。
大正8年11月
伊勢伊喜松が、日本において初めてフラッシュバルブの試作に成功し併せて単式ボールタップの製造を開始し、新たに伊勢式(複式)ボールタップを完成させて水道業界に普及させた。
 

戦前の活動

100周年を迎えるにあたり、戦前のカタログを掲載いたしますので、お楽しみください。

加入団体

  • 大阪商工会議所
  • 公益社団法人 日本水道協会
  • 一般社団法人 日本バルブ工業会
  • 大阪水道器具工業会
  • 公益社団法人 空気調和・衛生工学会
  • NPO給排水設備研究会
  • 大阪府設備設計事務所協会
  • 大阪管工機材商業協同組合
  • 京都管工機材商業協同組合
  • 愛知県管工機材商業協同組合
  • 東京管工機材商業協同組合
  • 東京都管工事工業協同組合
  • 一般社団法人 全国管工機材商業連合会