F号ボールタップの開閉に水位差がとれ、本体シート部・ワン型パッキンの耐久性に優れたパイロットバルブ

特長

F号ボールタップの開・閉に水位差がとれます。
F号ボールタップの作動回数を減らし、ワン型パッキンの寿命を延ばします。

【PVHLW】
●止水圧 0.1~0.75MPa時
●水位差 約50~70㎜

【PVLHL】
●止水圧 0.2~0.75MPa時
●水位差 約80~100㎜

F号ボールタップを常に全開・全閉させます。
F号ボールタップの半開きを防ぎますので、本体シート部の摩耗を防止します。

仕様

【PVHLW】

日本水道協会認証品
本体材質:CAC902(鉛レス青銅合金)
適用圧力:0.1~0.75MPa
適用機種:FSV 25・40・50
 
【PVLHL】

日本水道協会認証品
本体材質:CAC902(鉛レス青銅合金)
適用圧力:0.2~0.75MPa
適用機種:F65-200
材料表
型番 本体 ロッド(ナット付) 浮玉(色) 備考
PVHLW13 CAC902 SUS304 PE(青) 専用浮玉
PVHLW20 CAC902 SUS304 PE(青) 専用浮玉
PVLHL13 CAC902 SUS304 PE(青) 専用浮玉
PVLHL20 CAC902 SUS304 PE(青) 専用浮玉

構造図

寸法表
型番\記号 d L A H1 H2 B 規格
PVHLW 13 R1/2 476 280 120 144 φ95 JWWA
PVHLW 20 R3/4 476 280 120 144 φ95 JWWA
PVLHL 13 R1/2 515 200 120 146 φ95 JWWA
PVLHL 20 R3/4 517 200 120 146 φ95 JWWA
(JWWAは日本水道協会認証品)
PVHLW/PVLHL 説明図

下図のような場合に効果があります。

ダウンロード(カタログ・取扱説明書・図面)

図面のダウンロードには会員登録が必要です。  会員登録はこちら

すでに登録済みの方はこちらのページでパスワードを入力してください。

製品の導入事例

F号ボールタップによる受水槽給水システム
(各種の貯水槽設備にご使用いただけます)

F号ボールタップ®は日本で初めて開発・販売された定水位弁です。製品改良を重ね、昭和17年の発売以来、日本の水道給水に貢献しています。
受水槽給水制御システムは、F号ボールタップ®を最大限に活用し、受水槽の残留塩素濃度維持確保のために、最適な水位を維持するシステムです。
受水槽や各種貯水槽に、各部品を組合せて様々な給水システムを構築できます。

設置例・使用方法
① F号ボールタップ(定水位弁)の開水位・閉止水位を任意に設定する。
  (サブマリンフロート式パイロットバルブを使用する)
② F号ボールタップ(定水位弁)の開水位・閉止水位を任意に設定する。
  (センサ式制御盤を使用する)
③ 加圧給水ポンプを使用している受水槽にて、
  F号ボールタップ(定水位弁)を使用して給水する。
④ 高置水槽に送水するための揚水ポンプを使用している受水槽にて、
  F号ボールタップ(定水位弁)を使用して給水する。
→こちらから詳細ページを開きます

F号ボールタップと組合わせて使用する製品一覧

F号ボールタップ®(定水位弁)
必ずパイロットバルブとセットでご使用ください

 <本体材質:鋳鉄>
 ・呼び径65~100
 ・呼び径125~200
 <本体材質:青銅合金>
 
・呼び径25~50
 ・呼び径80・100
パイロットバルブ
必ず定水位弁とセットでご使用ください

<機械式水位制御>
 ・サブマリンフロート式PVSF
<加圧給水ポンプ用>
 ・水位差型PVHLW・PVLHL
<汎用>
 ・パイロットバルブPV
センサ式水位制御
水位センサで水槽水位を取得、タッチパネルで水位を簡単設定

<緊急遮断機能付きハイブリッド盤>
 ・ジャスト給水システムJWS-EQ
<水位制御盤>
 ・ジャスト給水システムJWS
<水位制御(機能限定版)>
 JWSの機能を限定して
約30%の低価格化を実現
 ・ジャスト給水システムJWS-R
地震発生時に受水槽内に水を確保

 <緊急遮断弁制御盤>
 ・ジャスト緊急遮断システムEQ-4N