令和元年6月17日発売

設置例

設置例

作動の様子

[使用例] 高・低水位切替の設置例

F号ボールタップ(定水位弁)1台につき、1台のパイロットバルブを取付けます。
必要に応じて、フロートの位置を変えることにより簡単に水位変更ができます。
F号ボールタップに、2本に分岐したパイロット配管を取付けます。
各々のパイロット配管には、手動バルブとパイロットバルブを取付けます。
2台のパイロットバルブは、各々で高水位用・低水位用の開閉水位を設定します。
手動バルブによって、高・低水位切替を行ないます。
水位の切替頻度が高い場合に適しています。

その他使用例

電磁弁を使用している受水槽にて、電磁弁からサブマリンフロート式パイロットバルブに切り替えることで、水位変更が容易に行なえるようになります。
警報水位用およびポンプ停止復帰用の電極棒は設置して使用してください。
給水開始位置と給水停止位置を大きく離すことで、開閉の水位差を大きく設定することができ、F号ボールタップ(定水位弁)の作動回数を減らすことができます。

品番

構造図・寸法表

ダウンロード(カタログ・取扱説明書・図面)

取扱説明書、図面のダウンロードには会員登録が必要です。  会員登録はこちら

すでに登録済みの方はこちらのページでパスワードを入力してください。